ロレックス デイトナ Ref:16520 エルプリメロ搭載の傑作 失敗しない個体選び – スーパーコピーブランド

シャネルJ12スーパーコピーロレックススーパーコピーデイトナRef:16520エルプリメロ搭載の傑作失敗しない個体選びムーブメントにエルプリメロが使用された、

シャネル J12 スーパーコピー
ロレックス スーパーコピー デイトナ Ref:16520 エルプリメロ搭載の傑作 失敗しない個体選び

ムーブメントにエルプリメロが使用された、旧デイトナ16520(2000年廃番) ロレックス スーパーコピーの最後の社外ムーブメント(エルプリメロ)が使用されたモデルとして現在でも中古市場で人気のモデルだが、入手は中古市場での購入がメインとなる。今回は失敗しない為の基礎知識と共にまとめていく

2,アクアノウティック コピー803

0

ロレックス スーパーコピー デイトナ Ref:16520

ロレックス スーパーコピーデイトナ16520が誕生したのは1988年 ゼニス スーパーコピー社の傑作クロノグラフムーブメント『エルプリメロ』をデチューンする形で搭載したモデルとなる。

1988年の販売時から圧倒的な人気を誇ったデイトナ16520は、直営店で見ることは奇跡と言っても過言ではなかった(定価での購入はほぼ不可能)
必然的に新品での入手は、並行店での購入になるのだが需要と供給のバランスから定価以上で取引されるのは当たり前になっていた。

Licensed by Getty Images

人気絶頂だった、デイトナ16520が生産を終了したのは、2000年(P品番)
この2000年に製造された個体が俗に言う最終品番として、現在でも当時の定価からは考えられない200万オーバーのプレミアム価格で取引されている。(最終P品番の定価は68万円)

ロレックス スーパーコピー デイトナ 16520の人気と相場が高まり続ける理由

Licensed by Getty Images

デイトナ 16520の相場が高まり続ける理由(前述したが販売時からプレミア)としては以下の事が考えられる。

①製造本数が少ない
②エルプリメロが搭載された マニア受けするスペック
③バリエーションによる付加価値

大きく分けると以上の理由が挙げられる挙げられる。
ひとつづつ解説していくと

①製造本数が少ない ロレックス スーパーコピーデイトナ16520

via watch-monster.com

製造期間が短い

まず最初に思い浮かぶのは製造期間の短さだ。
ロレックス スーパーコピーデイトナ16520は、1988年~2000年までの13年しか製造されていない。
※先日新型が発表され製造が終了した116520は17年間の製造

同じくスポーツモデルで人気のサブマリーナ16610が20年を超える製造となった事からもその製造期間の短さが際立つ。

人気であるにも関わらず製造年数が短い為、圧倒的に個体数が需要に追いつかないまま生産が終了してしまった。
製造年数=製造数が少ないという考え方ができる。

「116520も17年間の製造で4年しか変わらないのに16520の方が高いのはなぜ?」という疑問が出る事だろう。その疑問の答えは次

②SSモデルの生産数が少ないのではないか

フェンディコピー通販

ナイフ フォージ

Licensed by Getty Images

ロレックス スーパーコピーデイトナ16520は、ゼニス スーパーコピー社よりムーブメント『エルプリメロ』の供給を受けて製造されたモデルである。
よく、ロレックス スーパーコピー×ゼニス スーパーコピーのコラボなどと言われるが、要するにロレックス スーパーコピーはゼニス スーパーコピーにムーブメント代を支払って供給してもらっていたのである。

ロレックス スーパーコピーとゼニス スーパーコピーの間でどのような契約が行われたのか分からないが一般的に考えて、

①供給数の限度がある。
②仕入れの単価がある。
※+αとしてロレックス スーパーコピーはエルプリメロをデイトナ用にチューニングして搭載していたのでそこでも手間が掛かっている。

ロレックス スーパーコピーが原価率をどう設定しているかは定かではないが、このデイトナ16520は他社からの供給が入っている時点で原価率が高めで、ムーブメントの数が決まっている時点で利益をとり難いモデルだったのではないだろうか。

原価率が高いとSSモデルの製造本数は少なくなる?

Licensed by Getty Images

当時製造された5桁デイトナ16~系には全てエルプリメロが搭載されている。
ゼニス スーパーコピーから供給されるエルプリメロの数も決まっている(+仕入れのコストもある)となると、優先して製造するのは利益のとれるモデルのはずである。

結果として、

無垢デイトナ(素材+αで利益がとれる)

コンビデイトナ(素材+αで利益がとれる)

SSデイトナ(素材で利益をとるのは限界があるが、+αを付けるわけにも、、、)

上記の優先順位で当時デイトナは製造されていたのではないかと考えられる。
※+αとは、石(ダイヤなど)や文字盤の素材(メテオラライトなど)

供給数に限度がある分、利幅の取れる無垢やコンビ、更には石や異素材の文字盤を使用したハイクラスのモデルを中心に製造することで、製造本数の少なさからの利益をカバーしていた。
結果、SSの製造本数は少なくなった(利益をとりにくい為)

一方で116520は自社ムーブメントである分、製造本数のコントロール出来る為、16520より出回りが多くなったように感じる。

16520の現役時代と116520(現行)のUSEDでの出回りを考えると、116520の方が圧倒的に多いと感じるのも製造本数の違いの為ではないかと考えている。

②エルプリメロが搭載されたマニア受けされるスペック デイトナ16520

via watch-monster.com
ブレゲ スーパーコピー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *