ブライトリングスーパーコピー ナビタイマー アオパ(AOPA) 新作腕時計

ブライトリングスーパーコピーで初めて円形回転計算尺を搭載して1942年に登場したクロノマットは、ブライトリングが腕時計作りにおいて独自のアイデンティティーを確立するきっかけとなり、商業的にも大きな成功を収めました。

それまで航空機用のコクピットクロックの生産で成果を上げていたブライトリングが、パイロットの為に特化した時計を作り始めたのは、ごく自然な流れのようにも思えますが、クロノマットをパイロットウォッチとしてアレンジするように要請したのは、AOPA (Aircraft Owners and Pilots Association) であった、との説もあります。

ブライトリング コピー ナビタイマー アオパ

ともあれ1952年には、歴史的なナビタイマーRef. 806が登場しました。

ただ、現存する1952年から1960年代の前半くらいまでに生産されたと思われるナビタイマーのほぼ全てにAOPAのマークが入っており、AOPA公認の腕時計として、世界中のパイロット達をサポートしていたことだけは確かと言えるでしょう。

ブライトリング:ナビタイマー アオパ

そんなAOPAと切っても切れない関係を持つナビタイマーは、ここに繰り返すまでもなく、その誕生以来ブライトリングの屋台骨を支え続けてきたフラッグシップモデルであり、1980年代には一旦カタログから姿を消したこともありましたが、世界中の熱狂的なブライトリングファン達の声によって、程なくして蘇ったという歴史があります。

そんなブライトリング時計コピーというブランドにとって重要な意味を持つ “AOPA” のシンボルマークが、この度限定モデルとしてナビタイマーの文字盤に復活しました。

ブライトリング:ナビタイマー アオパ

1952年に登場したファースト・ナビタイマーを思わせる、3時、6時、9時の位置に並んだインダイアルまで黒い文字盤、近年のブライトリングの限定モデルに多く見られる赤いインダイアルの針とクロノグラフ秒針、そして裏蓋にも刻まれた “AOPA” マーク。

ブライトリング:ナビタイマー アオパ

その数はたったの500本。

ナビタイマーを愛してやまない世界中のファン達にとって、こんなにも思い入れの深い限定モデルは無いことでしょう。

ブライトリング:ナビタイマー アオパ(Breitling Navitimer AOPA)仕様

Ref. A232BAP

ジェイコブ スーパーコピー ナビタイマー アオパ

ステンレススチールケース
ケース径:42mm
両面無反射コーティングのドーム型サファイアクリスタル風防
3気圧防水
キャリバー ブライトリング23 搭載
28,800振動/時
自動巻
COSC公認クロノメーター
レザー、またはアリゲーターストラップ、スチールブレスレット
価格:78万円~92万円(税別、ベルトにより異なる)
ガガミラノスーパーコピー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *